さらに便利に!クラウドで発注するならスプレッドオフィス!

Ryuichiro Hayashi

2019年2月13日

スプレッドオフィスの発注機能

先だっての記事でご紹介しました「注文書」。
この発注機能が驚くほど便利になりました!

こちらを御覧ください。
edi_image

スプレッドオフィスを利用しているユーザ同士だとデータの連携が可能になりました!
利用者目線ですと
①利用者から「見積依頼書」を送付。発注先は見積情報へ取り込みが可能。※近日提供予定。
②発注先から「見積書」を受領。利用者は注文情報へ取り込みが可能。
③利用者から「注文書」を送付。発注者は受注情報へ取り込みが可能。
④発注先から「注文請書」を受領。利用者は発注情報へ紐付けが可能。
⑤発注先から「納品書」を受領。利用者は発注情報へ紐付けが可能。
⑥利用者から「検収書」を送付。発注者は受注情報へ紐付けが可能。
⑦発注先から「請求書」を受領。利用者は発注情報へ紐付けが可能。
これだけの連携がシステム上で可能になりました!

例えば、
発注先が見積書をスプレッドオフィス上よりメールした場合に、送信先メールアドレスがスプレッドオフィスに登録されていれば見積書をダウンロードする画面で見積情報を元に発注を作成することが可能となります。
また発注登録後、見積書が自動的に発注情報の関連ファイルに登録されます。
同じように注文書をスプレッドオフィス上よりメールした場合にも送信先の仕入先会社が上記と同様の処理が可能となります。※発注情報を元に受注を作成することが可能となります。
注文請書、納品書、請求書をスプレッドオフィス上よりメールした場合には送付した注文書データから作成されている場合は発注情報の関連情報に紐付き、受領日も同時に登録されます。

もっと簡単な発注管理をお探しの方はぜひ一度お試しいただければと思います。