販売管理の標準業務フロー

スプレッドオフィス

2014年10月17日

こんにちは。スプレッドオフィス事務局です。

本日は、販売管理(とくに受注管理・発注管理に着目)における
標準的な業務フローについて、お話させて頂きたいと思います。

「販売管理」といっても、そのやり方や形態は、業種や企業規模などにより
大きく様変わりはし、とてもひとくくりには出来ませんが、「販売」という点に
焦点を絞り考えると、以下のような流れが、一般的なルーティンではないでしょうか。

hannbai

ここで着目して頂きたいのは、この図はあくまで「1つの受注」に対しての業務フロー
だというところです。
つまり、ひとつの受注を受けると、これだけの作業が発生しているということで、
れらは全て「紐付き、関連している」ということになります。

ところで、とても根本的なことですが、「販売管理」とはなぜ必要なのでしょうか。

「業務の効率化を図る」ことはもちろん大切ですが、会社にとって、それ以上に
重要なのは「リアルタイムでの収支の明瞭化・可視化」「現状把握」をすることです。

「販売管理」と「経営(会計)管理」は別ものと捉えられている方も多いようですが、
上図を再度見て頂くとお解り頂けるように
「受注管理」「「発注管理」を集約・集計すると見えるもの=「経営(会計)状況」です。

優れた「販売管理(受注管理・発注管理)」をきちんと行っていれば、「経営(会計)管理」も
自ずと可視化されるはずなのです。

弊社の提供する「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」は、その点に着目し開発・構築されました。

先にも述べたとおり、「販売管理」といっても、業種や企業規模により、そのやり方や
携帯は大きく様変わりします。
しかし、最低限必要なフローというのは、決まっているものです

「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」はその最低限必要な項目のみに焦点をあて
徹底的に無駄を省くことで、多種多様な業種・規模の企業での使用を実現させました。

中小企業がIT導入を進めるなかで「予算は出来るだけ少なく済ませたい」という理由から
「販売管理システム」「経営管理システム」それぞれ別にソフトを導入し、そのマッチングが

うまくいかず、結果、個別管理に戻ってしまっているという状況が多く存在しているようです。

最近は、とても柔軟なシステムも多く、少しの変更と修正をかけるだけで、既存のシステムと
フィックスが可能なものあるようですが、それでも100%マッチさせるのは難しいのが実情です。

諦めて既存のシステムに新たにシステムを追加構築するというのが、その問題を解決する
ための最善の策ではありますが、その前にぜひ一度、弊社の「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」
をお試しください。

きっと、貴社が抱える問題を解決する糸口を見出して頂けるのではないかと思います。

以上、スプレッドオフィス事務局でした。