「基幹系システム」とは一体なに?

スプレッドオフィス

2015年8月22日

さて日に日に涼しくなり、夏の終わりを感じつつ、蝉の鳴き声にも哀愁を感じております。担当Hです。

基幹系システムとは?

弊社がご提供しております「SpreadOffice」というクラウドサービスですが、どのようなサービスかご存知でしょうか?

簡単に言うと

 ⇒クラウド型基幹系システムです。

はい。ここで疑問です。基幹系システムっとは?

とお思いの方がいらっしゃると思います。ので簡単にご説明したいと思います。


■基幹=物事のおおもと、中心となるもの。

※コトバンク様調べ「https://kotobank.jp/word/%E5%9F%BA%E5%B9%B9-472544

■システム=本来は、目的を遂行するための体系や組織の意味。コンピューターの分野では、ハードウェアソフトウェア、OS、ネットワークなどの、全体の構成を指す。また、何らかの目的・サービスのために、ソフトウェアやハードウェアを連携して構築されたコンピューター環境のこと。たとえば、ブログシステム販売管理システム財務システムなどがある。
※コトバンク様調べ「https://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0-4172


 とのことです。

ですので上を参考に言い換えると、「ものごとの中心となることを何らかの目的・サービスのために、ソフトウェアやハードウェアを連携して構築されたコンピューター環境のこと」と言えると思います。

なんとなく分かるけど、良く分からない?

「何らかの目的」は、お仕事をしている以上やっぱり「お金を儲ける」ことになるのではないでしょうか?
なので、お金を儲ける為に構築されるコンピュータ環境と言い換えることが出来ると解釈しました。

お仕事をしてお金を儲けるためには、売上を上げないといけません。
売上を上げる為に、全ての会社様は創意工夫をされて色々なアイデア・商品・サービスを日夜考え頑張っておられると思います。

その一歩先に来るのが、基幹系システムなんだと思います。

売上がたくさん上がっているのだけど、本当に無駄が無いのだろうか?どんぶり勘定になっていないだろうか?エクセルで売上を管理しているけど2度打ち、3度打ちがめんどくさい。

などというときに基幹系システムがあれば、無駄を省き・正しい数値を・瞬時に把握できる。これが出来れば次の戦略も立てることが容易に出来ると思います。

今の時代、ビジネスのスピード感が昔に比べ随分早くなったと言われています。
「営業マンに数字を出せ!」と指示して1週間後に出てくるような現場だと他の会社様になかなか勝てません。

SpreadOfficeにお任せください!

「SpreadOffice」は、月額980円から利用でき、見積~受注~発注~請求の流れが分かり易く、数字の登録・確認がリアルタイムに出来ます。他、ファイル管理や名刺・商談管理・経費登録など機能が充実しています。
見積書請求書の発行も簡易にエクセル・PDFで可能です。

皆様がさらに一歩前に踏み出す。その際に「SpreadOffice」をご一考頂けますと幸いです。

お申込みの当日より使うことができ、しかも安い。いまなら最大2ヶ月無料で使うことが出来ます。

少し長文になりましたが、本日はこの辺で失礼します。