ご要望にお応えできる帳票作成機能

Ryuichiro Hayashi

2018年2月13日

こんにちは。スプレッドオフィス事務局です。
本日は、帳票をエクセルで作成する場合とシステムで作成する場合の「帳票の違い」について考察したいと思います。
※帳票とは、請求書見積書などの業務に関連する書類のことです。

エクセルで帳票を作成する場合は自由に項目を追加したり削除したりできますが、システム化するとシステムの制約を受けることになり、帳票をある程度決まった様式で作成しなければならなくなります。

ですが、お客様へお渡しする帳票、特に請求書については、お客様ごとに細かいご要望がある場合が多いです。

お客様ごとの帳票へのご要望

請求書に商品分類ごと、または納品場所ごとの小計を入れてほしい、発注番号や、納品書番号を記載してほしい、納品日または商品コードでソートしてほしい、請求書に鑑(要約内容)を付けてほしい、複数の注文をまとめて合計請求書にしてほしい、1通だけ別に請求書を発行してほしい、商品コードをお客様の管理コードで記載して欲しい、などお客様ごとに細かいご要望が出てきます。
システム化してしまうとそれらの多様なご要望に応えられなくなるのでは、というご心配はありませんか?

SpreadOfficeの帳票作成機能

SpreadOfficeの特長は、名前の通り、スプレッドシート(エクセルなどの表計算ソフト)を操作するように帳票を作成できることです。
明細に小計行や見出し行を追加することができます。また、見出し行を鑑帳票に出力することができます。
意外とこのような機能を持つ帳票作成システムは少ないので、帳票に見出し行・小計行を入れたい場合はSpreadOfficeがお薦めです。
20180209-01

もうひとつのSpreadOfficeの大きな特長は、書類をエクセル形式でダウンロードできることです。
エクセル形式でダウンロードした後に、書類に必要な項目を追加することが可能です。今回だけある項目を追加したいなどと言う場合はこの機能をご活用ください。
※金額をエクセル上で変更すると、SpreadOffice上のデータと合わなくなりますのでご注意ください。
20180209-02

様々なお客様の書類についてのご要望に応える

特殊なお客様のご要望を全て網羅してシステム化することはお金も時間もかかります。SpreadOfficeでは、ダウンロードしたエクセル形式のデータをエクセル上で加工することで、様々なお客様からの書類についてのご要望に柔軟に応えることができます。(他の帳票作成システムの多くが、PDFファイルのみのダウンロードとなっています。)
※軽微な帳票のカスタマイズは可能ですので、スプレッドオフィス事務局(03-5833-1264)までご相談ください。

帳票デザインテンプレート

SpreadOfficeでは、帳票のデザインを複数のテンプレートから選択することができます。
縦書き・横書き・前月請求額付きの請求書テンプレート・仕切値対応テンプレートなどのデザインテンプレートをご用意しております。
※スタンダードプラン以上のお客様は独自帳票(オリジナルデザインなど)の設定が可能です。 独自帳票をご希望の場合はスプレッドオフィス事務局(03-5833-1264)までご連絡ください。

まずは無料登録(ご利用期間:最長2か月)でスプレッドオフィスの帳票機能をお試しください。メールアドレスの登録だけで、最大2ヶ月間 全機能を無料でお使い頂けます。