発注を単独で作成できるようになりました

スプレッドオフィス

2015年9月29日

秋晴れの気持ちのいいお天気が続いていますね! 担当Sです。

スプレッドオフィス3.5で、お客様からのお問い合わせが多くて記憶に残っているのが、「発注書だけを作成することはできませんか?」というご質問でした。

「請求書」だったら、受注情報を作成しなくても単独で請求書だけを作ることができたのですが、売上と原価を紐付けるシステムだったバージョン3.5では、そのお問い合わせへの答えは「ノー」でした。

しかし、新しいバージョン4.0では答えは「イエス!」です。
そして「従来通り、売上と原価を紐付けてご利用頂くことももちろん可能です!」

弊社のようなシステム関係の会社の場合は受注した案件とそれに関わる外注費用は単純にセットにできるのですが、小売業の方々のように「仕入れ」がまず発生し、そこから売上げ先が発生していく場合には個々の売上げ先に原価を紐付ける方法ではご不便をおかけしてしまっていました。具体的に言うと、発注情報を入力するためだけに0円の受注情報を作成してもらったりしていたのです><

仕入れ情報を先に作成したい!というユーザー様からのご要望に応える形で、スプレッドオフィス4.0では発注情報を単独で作成できるようになりました。

現在ご利用中のユーザーの皆様も、「こんな機能がほしい!」などのご要望がありましたら、ぜひお気軽にメール等でお聞かせください!