操作マニュアルSpreadOffice4.0

承認・申請機能更新日:2017年1月19日

承認機能の利用有無を変更することができます。

承認機能有効方法

manual1-2

左メニューから「自社設定」→「自社情報」のタブ「承認フロー」をクリックします。
承認フローを利用するかどうかの設定を帳票ごとにできます。

■承認フロー設定

見積、受注、発注、請求の個別に設定ができます。

■メール通知設定

申請/承認/却下/取消時にメール通知をすることができます。

■出力・送信制限

承認済のデータのみ出力・送信を可能にする。

■編集制限

承認済のデータは編集不可にする(承認権限のあるユーザーは編集可能)。

■多段承認

多段承認機能を利用する。

■その他

一覧画面で承認済みデータは背景色を緑色で表示する。

承認機能の利用方法(見積、受注、発注、請求共通)

自社情報にて「承認フローを利用する」に設定していると、帳票詳細画面に承認機能のボタンが表示されます。

manual1-2

■申請

申請したいデータを一覧画面から選択し、詳細画面を開きます。
上部メニューの「申請する」をクリックするとポップアップが出ます。
・承認者
承認権限が付与されているユーザーが選択できます。(承認権限は権限設定で変更できます。)
・申請コメント
承認者へのコメントがあれば入力できます。コメント内容は、該当の帳票を閲覧できる全ユーザーが閲覧できます。

※申請中の帳票は下記操作ができません
・編集する
・受注する
・削除

■申請の取り消し

申請者のみ申請の取り消しが可能です。
対象の帳票の詳細画面を開き、上部メニューの「取消」をクリックします。
対応コメント
承認者へのコメントがあれば入力できます。コメント内容は、該当の帳票を閲覧できる全ユーザーが閲覧できます。

■承認/却下

対象の帳票の詳細画面を開きます。
上部メニューの「承認」「却下」いずれかをクリックします。
申請者へのコメントがあれば入力できます。コメント内容は、該当の帳票を閲覧できる全ユーザーが閲覧できます。

※承認済状態の帳票は下記操作ができません
・削除(自社設定にて承認フローを外していただきますと削除可能になります。)

※却下状態の帳票は下記操作ができません
・受注する
・削除

更新日:2019/4/19