2019年1月上旬アップデート情報

Ryuichiro Hayashi

2019年1月4日

新年明けましておめでとう御座います。
本年も宜しくお願い申し上げます。
1月7日にリリース予定の機能をお知らせ致します。

明細行を原価行に複製(見積、受注)※1行単位

明細行を原価行に複製する場合、いままでは原価入力欄の「原価一括コピー」ボタンをクリックするしか方法はありませんでしたが、本アップデートで明細行を1行ずつ原価行に複製することが可能になりました。
一度データを作成した後に明細を増やした場合など1行ずつ明細行を原価行に複製したい場合に重宝する機能です。
ぜひご活用下さい。

帳票がPDFの場合にブラウザで開く

見積書などの帳票を出力する際に必ず一度ダウンロードを行っておりましたが、直接ブラウザでPDFを開くことが可能になります。
「自社情報編集」→「システム設定」タブに「帳票がPDFの場合はブラウザで開く(IE以外)」がありますので、こちらをONにしていただければ利用可能になります。
※ブラウザ標準機能のポップアップブロック機能が働き、PDFファイルが開けない場合があります。
その場合は、スプレッドオフィスを許可していただければ利用可能になります。
許可する作業は初回のみです。

期単位での発番ルールの追加

自社設定に期首日を設定すると西暦年の期毎の発番ルールを使用することが可能です。
期首日になれば番号が新たに1から開始されるようになります。

便利にお使い頂ければと思います。