スプレッドオフィスの見積書とは?

Ryuichiro Hayashi

2018年10月31日

 見積書とは企業の顔と言うべき、お客様とまず仕事をはじめる第一段階でのコミュニケーションツールです。まずは、他社との差別化をはかるためにも、視覚的にアピールする大変重要な書類の一つです。見積書に提示されている金額だけではなく、そこにあるデザインや印象も今後の仕事に一役買うかもしれません。特にカラフルであったり、見やすい見積書、他にはない印象を残すことは大変重要ですね。
 スプレッドオフィスの見積書では、カラーを選ぶこともできますし、テンプレートも種類が豊富です。「カラーセラピー」「カラーコーディネーター」のように、色には人を癒す効果や、気持ちを高ぶらせる効果、人に視覚的に何かを訴え、印象を残す効果があると言われていますので、意識的に選ぶのもよいでしょう。

スプレッドオフィス見積書の作成時間

 受注発注の基本である見積書は重要な書類。他社との競争に打ち勝つためにも、迅速さを求められます。
 スプレッドオフィスの見積書作成時間はたったの3分です!新規作成から、ピンク色の必須項目を入力、明細情報を入力、最後に保存ボタンを押して完成です!
また作成済みの見積書があれば、それから複製することもでき、より簡単に作成ができます。
 見積書はExcel、PDF形式どちらでも出力が可能で、自分のパソコンに保存することもできますし、メールで送る事も出来ます!メールの場合はファイル添付ではなく、ダウンロードURLが記載されるようになっています。
 送信した日時、相手が開封した日時も、帳票データ詳細画面で簡単に確認する事ができます。再送する場合もワンクリックで送れます。見積書に関しては、迅速な動きが仕事の獲得に繋がりますから、とても嬉しい機能ですね。

社判も画像登録で承認印までもカバー!

 見積書には、社判を押している企業も多くありますね。スプレッドオフィスでは印刷せずとも、社判画像を事前に登録しておけば、出力の際にいれることができます。必要なければ非表示にすることもできます。また、担当者の印はどうなるのか?というと、ユーザー登録してあれば、担当印が自動生成されます。承認印も承認機能を使って、自動の押印が可能となっています。出力して、確認してもらうのではなく、その前に確認、自動押印、そのまま出力が可能となっています。社内での書類作成が驚くほどに時間短縮できます。お客様にとっても、こちらにとっても双方、嬉しい時短テクニックですね。無料トライアル期間中でも全ての機能がご利用いただけますので、ぜひスプレッドオフィスの便利さを体感されることをおすすめ致します!

自社の帳票も反映可能!

 現在使っている既存の帳票のデザインを引き続き使いたい場合、スタンダードプランにてそのまま使用することが可能です。事前に使用したいデータをいただき、相談しながら決めていくことになりますので、事務局にご連絡ください。

場所も選ばずに作成できるのが嬉しい♪

 常にデスクの上で見積書を作成できるわけではない昨今、出先で作成、確認ができたら便利ですよね。職業柄、外出が多かったり、工事現場など現場作業の多い個人事業主の方などは、パソコンを持ち歩くことも困難、すぐにアクセスできる環境をつくることも難しかったり、準備に費用がかかったりもしますね。でも、スプレッドオフィスはパソコンだけではなく、タブレット、スマートフォンからでも作成、確認ができるのです。仕事を円滑に進めるためには、相手への迅速なレスポンスは必須ですので、見積りを外で作成でき、送信、確認いただけたかの確認など、いい意味で主導権を握り、きめ細やかな仕事と配慮を持って仕事をすることができます。即時に対応できるので、仕事の取りこぼしなども減りますね。これが、様々な職種から人気のスプレッドオフィスの秘密です。