帳票の送受信機能の追加

スプレッドオフィス

2014年6月23日

こんにちは。スプレッドオフィス事務局です。
(こちらの記事はVer3.5(旧バージョン)の内容になります)

基本機能として追加される予定の新機能について、告知をさせて頂きたいと思います。

その追加される新機能というのが・・・「帳票の送受信機能」です!

これまでは「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」で作成した帳票データを、相手にメールで
送信する場合、
帳票作成後、それらをExel/PDFに出力・ファイル保存し、それをメールに添付
するという形で、皆さま個人で対応して頂いておりました。

が・・・

この度、多くのご利用ユーザ様からのご要望を頂きまして、この機能が基本機能のひとつとして
追加されることに決定致しました!

この機能が加わることにより「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」で作成した帳票を
直接、相手のメールアドレスへ送信することが可能になります。

帳票送信画像

これまでのような、帳票データを保存し、メールソフトを開き添付して・・・という
面倒な工程が全て省略されるのです。

帳票のメール送信画像


帳票をやり取りする相手が両社とも
「SPreadOffice(スプレッドオフィス)」を導入している
企業である場合は、相互に「SpreadOffice(スプレッドオフィス内)」で帳票の送受信が可能です。
その場合は、メニューの「受信箱」にて帳票を受信します。

受信箱イメージ 帳票受信イメージ

 

また「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」から「個人のメールアドレス」への送信も可能です。
但し、この場合、相手からのメールは「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」内の受信箱へは
受信されません。メールソフトの受信箱にて、受信を確認してください。
(相互に送受信が可能なのは、あくまで「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」間のみです。)

今後、さらにご要望があれば、メール機能の充実化も図っていきたいと考えておりますので
今後のアップデート情報も、ぜひご期待ください。

でも、まずは「帳票の送受信機能」!
正式なリリース日が決定しましたら、改めてサイト上にてご報告させて頂きます。

私達スプレッドオフィス事務局では、お客様よりお問合せいただきました内容を参考に
より便利にご利用いただけるよう「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」を
バージョンアップさせて参ります。

今後も、ご不明な点や要望などありましたら、お気軽に下記までご連絡ください。