2019年3月上旬アップデート情報

Ryuichiro Hayashi

2019年2月28日

平素よりスプレッドオフィスをご利用いただきありがとうございます。
3月1日にリリース予定の機能をお知らせ致します。

受注と請求の繰り返し登録機能が追加されました

皆様より多数のご要望を頂いておりました、受注/請求の繰り返し登録機能ができました。
今までですと、同じ内容の受注に対しては複製や一括作成で受注を作成していたかと思いますが、
今回のアップデートで繰り返し登録が可能になりました。
受注と請求の帳票編集画面の右側、一番下に「繰り返し登録」が追加されました。
「月間隔」と「回数」を設定出来ます。

例)受注日が【2019年4月1日】の場合
月間隔「3ヶ月毎」/回数「3回」で保存すると、
受注日が【2019年7月1日】、【2019年10月1日】、【2020年1月1日】の帳票が作成されます。
その際、下記の項目が更新されます。
【受注】の場合
発行日、納品予定日、受注日、入金予定日、請求予定月、納品日、納品書発行日、検収日を該当月に変更され、受注番号は本受注番号に枝番を付け、データが作成されます。
【請求】の場合も同様で
発行日、入金予定日、請求月、納品日を該当月に変更され、
請求番号は本請求番号に枝番を付け、データが作成されます。
また件名にも年月や月が入力されていた場合、該当月に変更されます。
非常に便利な機能になりますので、ぜひご活用いただければと思います。

各帳票の備考が登録できるようになりました

受注より出力可能な「納品書」「検収書(返信用)」
発注より出力可能な「注文請書(返信用)」「納品書(返信用)」「検収書」
の備考を個別に登録出来るようになりました。
いままでは受注の場合は「注文請書」、発注の場合は「注文書」の備考が表示されておりましたが、各帳票ごとに設定が可能です。
個別の備考が設定されていない場合は、今までどおり受注の場合は注文請書、発注の場合は注文書の備考が表示されます。