「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」は御社に適しているか?

スプレッドオフィス

2014年8月19日

こんにちは、スプレッドオフィス事務局です。

夏休みはいかがお過ごしでしたか?楽しい夏休みとお盆も過ぎ、少しずつ秋の気配を感じて・・・
はまだまだ来ませんが、残暑に負けず、お仕事モードに頭を切り替えて参りましょう。

本日は「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」を実際にご利用頂いているお会社の種類を例に、
このサービスはいったいどういった会社にご利用していただくのが適したサービスなのか・・・
について、お話したいと思います。

「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」にご登録頂き、実際にご利用されているお会社の形態や
業種は、本当に多種多様です。

  • ●10~50人規模の中小企業(業種は様々)
  • ●「鮮魚店」「美容院」「クリニック」など、お店やサロンを小規模経営されている方
  • ●ウェブデザイナーやコンサルタント業など、フリーランスでお仕事をされている方

業種や規模はそれぞれ違いますが「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」は、とても多くの方に
ご利用頂いております。

ご利用になられている方の中には、自社用にカスタマイズをされた方も多くいらっしゃいますが
お客様のほとんどが「無料プラン」の「お試し」からスタートされました。

しかし、その「お試し」の段階で、利用をどうしようか悩んでいる・・・というお客様も多く
いらっしゃるのも現状です。そんなお悩み中であるというお客様より、頻繁に頂く「ご質問」が
あるのですが・・・それが↓↓↓こちら↓↓↓です。

「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」が自社に合うかどうか判らない・・・

正直な所を申せば、私達としましても、現行の機能そのままで「必ず御社にフィットします!」
とは、なかなか断言出来ません。

それでも「まずは無料プランでお試しを」とお勧めできる理由があるのです。それは・・・

「『販売管理』はどんな業種、規模であろうと会社経営には必要なこと」だからです。

それでは、その

「販売管理」とは、何でしょうか?

私なりに調べてみたところ、それは「商品やサービスに関する情報を管理すること」のようです。

もう少し詳しく言うと「商品やサービスに関する販売の一連の流れ、注文を受け、商品の出荷、
納品、さらには代金の回収までの業務や情報を管理すること」となります。

「何を」「何処に」「どのくらい」「いつ」「いくらで」販売し
「その代金はいつ貰えるのか」「その商品の販売で生じた仕入品の代金はいつ支払うのか」

これらの一連の流れの管理は、扱う商品やサービスがどんなものであれ、企業には必ず必要な
管理事項であるはずです。

ここで「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」とは一体、何を目的として作られたシステムなのか
を、ご説明したいと思います。

「販売管理」に焦点をあてて作られた「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」

「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」は、企業の「業務管理」という機能の中でも、
「販売管理」に焦点をあてて作られたシステムであると言えます。

これまで、一つの「案件」を受注した場合、営業担当側で「案件単位」での管理をしていたという
お会社はたくさんあると思います。

しかし、その管理方法だと「案件ごと」の管理はきちんと出来ていたとしても、会社の経営側として
「それら案件のトータルの販売管理」が、なかなか把握し難く、それとは別に集計や資料の作成を
し直さなければいけいない・・・ということが発生していました。

「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」では、その「案件単位の管理」を、取引相手との
やりとりの
なかで発生する「帳票のやり取り(帳票作成)」ベースで管理することにしました。

それにより「案件管理」と「販売管理」を同時に管理するということが可能になりました。
(但し「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」に於いて「案件」の定義は「1受注」=「1案件」)

営業側が「見積書」「受注書」「(仕入品の)発注書」「請求書」を作成するだけで、経営側では
「入出金の予測」から「売上仕入予測」「実際のキャッシュフロー」までを、把握・管理できる
ようになるのです。

さぁ、それでは、これらを踏まえて、この記事のタイトルについて、改めて考えてみましょう。

「『SpreadOffice(スプレッドオフィス)』は御社に適しているか?」

上記のことを踏まえて考えますと、この答えは、ほとんどの会社に於いて「Yes!」です。

会社や企業が売上や収益を管理・獲得するために行う直接的な活動が「販売管理」です。
そして、その「販売管理」を行うのが「SpreadOffice(スプレッドオフィス)」なのです。

きっと御社の「販売管理」にお役立て頂けるはずと信じております。

何か解らないことや、ちょっとしたご相談などありましたら、お気軽に下記までご連絡ください。

「販売管理」の必要性を感じている・・・
「業務管理」のシステム化を考えてはいるが、どうしたら良いのか解らない・・・

お客様のそのお気持ちを、私達が全力でサポート致します!

以上「『SpreadOffice(スプレッドオフィス)」は御社に適しているか?」でした。