「承認フロー」機能で経営判断をよりスピーディに

ここがポイント
決済までの時間を大幅に短縮して経営判断をよりスピーディに。
決済フローオンライン化で用紙・印刷・保管コストを大幅に削減。
担当印・決裁印も自動で帳票に反映。
こんな方におすすめ
経営者の方/部門管理者の方

決済時間短縮で経営判断をスピーディに

スプレッドオフィスの「承認フロー」機能をご利用いただくと、これまで紙などで行っていた社内決済フローをオンライン化することができます。事前に設定しておけば申請/承認/却下/取消時にメール通知されるので、決済までの時間を大幅に短縮。よりスピーディな経営判断を実現します。
※承認フロー機能は2ユーザ以上のご登録でご利用いただけます。

用紙・印刷・保管コストを大幅に削減

スプレッドオフィスの「承認フロー」機能を設定すれば、社内決済を完全にオンライン化することができます。これまで社内決裁のためにかかっていた用紙コストや印刷コスト、決済完了帳票の管理コストをすべて削減することも可能です。

担当印・決済印を自動で帳票に反映

スプレッドオフィスの自社設定であらかじめユーザ登録・担当印設定しておくと、承認された帳票に担当印が自動で反映されます。担当印・決済印捺印済みの見積書をPDF出力、メール添付で顧客に送信すれば、無駄な紙のコストを削減しながら、スピーディな顧客対応を行うことができます。