帳票作成

どの企業でも必須となってくる帳票の作成。
データを一元管理し、簡単出力。過去の履歴も素早く検索。

帳票作成

作成できる帳票の種類

スプレッドオフィスは業務で使う全ての帳票を作成出来ます。各データ同士を紐づけられるので見積りが受注になったらそのままデータを引用し、注文請書や納品書を作成したり出来ます。

帳票の種類

見積書・注文請書

見積りデータから作成する事が出来ます。

注文請書・納品書・検収書(依頼用)

受注データから作成する事が出来ます。

注文書(発注書)

発注データから作成する事が出来ます。

請求書・合計請求書

請求データから作成する事が出来ます。合計請求書は顧客名や部署、担当者や日付など約20種類以上の項目から絞り込んで出力する事が可能です。

Excel・PDFで帳票を出力

各種データを登録しておくとExcelかPDFから選んで出力する事が出来ます。

帳票の種類

Excelで帳票を出力する

Excel(エクセル)で帳票を出力すると、出力した帳票データをExcelで編集する事が出来ます。手動で帳票を収支したい場合はExcel出力が便利です。

PDFで帳票を出力する

PDFで帳票を出力すると編集が出来ません。データを改ざんされたくない時や取引先に送るときなどは一般的にPDF形式で出力します。

帳票デザイン

帳票デザイン設定

全帳票1つ1つにデザインを設定する事が出来ます。

自社帳票・オリジナルデザイン

今、お客様がお使い頂いている自社の帳票デザインをそのまま使用する事が可能です。
今お使いの帳票デザインがあれば、フォーマットを変えずに業務を遂行する事が可能です。

デフォルトテンプレート

全帳票で縦型、横型、色(青・緑、赤)、行数選択が可能です。窓空封筒に対応しているものもご用意しています。
デフォルトテンプレートはExcel形式で無料配布しています。

エクセルテンプレート一覧

社判画像の登録

社判画像の登録

帳票を出力する際に表示する社判の画像を登録出来ます。登録した画像は帳票出力時に入れることが出来ます。社判画像を表示させたくない場合は表示設定を変えるだけで、表示・非表示の切り替えが出来ます。

担当印を自動で生成・押印

担当印の自動生成・押印

ユーザー情報を登録すると苗字部分から担当印の画像を自動で作成する事が出来ます。
作成された担当印は帳票作成時に担当したユーザーの担当印が自動で押印されます。

決裁者印にも対応可能

承認機能をご利用頂くと担当者だけでなく、決裁者印も自動で帳票に反映します。
社内の承認にかかる時間や書類作成時間を大幅に短縮出来ます。
受注業務の効率的に進められるようになったとご好評を頂いている機能です。

帳票イメージをプレビュー

担当印の自動生成・押印

登録した業務データを元に帳票イメージをプレビューする事が出来ます。
帳票を出力する前にイメージを確認できるので、データの抜け漏れなどを簡単にチェックする事が出来ます。