CSVエクスポート機能のリリースに関して ※他機能も御座います

スプレッドオフィス

2015年7月31日

本日、4機能をリリースさせて頂きました。便利な機能になりますので是非ご利用下さい。
・CSVエクスポート機能
 見積、受注、発注、請求、経費、顧客、仕入先、商品、名刺、商談データをCSV形式でダウンロードできます。
 絞込み検索にも対応しています。
 権限設定画面で各機能のデータ出力にチェックして頂くと「CSVエクスポート」ボタンが表示されます。
 ご自分のパソコンでデータを2次加工する際などにご利用頂けますので是非ご利用下さい。

・銀行口座初期チェック機能
 請求新規作成時に銀行口座の初期チェックを設定出来ます。
 自社情報の口座情報タブから設定出来ますので、是非ご利用下さい。

・顧客、仕入先の締め登録
 顧客、仕入先マスタに締め情報が入力出来るようになりました。
 見積・受注・発注の登録時に締め情報を入力した顧客(仕入先)を選択すると支払条件の項目に自動補完されます。

・「権限作成」のガイダー
 「権限作成」のガイダーをご用意しました。
 説明に沿ってボタンを押して頂ければ「権限作成」を一通り体験出来ます。
 トップページより確認できますので是非ご覧ください。

ますます便利になったスプレッドオフィスを今後ともよろしくお願いいたします。