操作マニュアルSpreadOffice4.0

データの取り込み(インポート)更新日:2017年1月19日

スプレッドオフィスではデータの初期取り込みは、CSV インポート機能を利用することで可能です。

取り込み対象データ

顧客データ、仕入先データ、商品データ、見積データ、受注データ、発注データ、請求データ、名刺データ、経費データ
※ご不明な点はスプレッドオフィス事務局までお問い合わせください。