人員の変動に柔軟な対応を!

スプレッドオフィス

2015年9月24日

シルバーウィークもあっと言う間に過ぎ去りましたね><

担当Sです。

スプレッドオフィス4.0をご利用中のユーザーの皆様はすでにクラウドで請求書を発行していたり、これからしようとしていたり、はたまた検討中だったりするかと思いますが、スプレッドオフィスの魅力的なポイントはサービスの内容だけではなく料金体系にもあるのです!というお話を。

人員の変動にも柔軟に対応できます!

請求システムをパッケージで購入した場合、請求書を発行する作業ができるPCは数台に限られてしまいます。
もちろん複数PCにインストールすることも可能ですが、台数分の費用が別途かかりますよね。
インストールできるPCの台数が固定の場合、人員の減少によっては使っていないアカウントの使用料を人員補充するまで無駄に払い続けることになってしまいます。かと言って台数を減らしたら、増員の際には即座に対応できません……。

けれど、スプレッドオフィスなら、月々の利用ユーザー数によって費用が決まりますので、ユーザーの増減が自由に行えます!

先月は3人、今月は2人、来月は4人といった具合に、各プランの上限内で月単位でユーザー数が料金に反映されるのです。

使っていないアカウントを「いつか使うかも」ととっておく必要はありませんし、「使うことになった時に困るから」と多めにユーザー枠を確保する必要もないのです!

そして、もしスプレッドオフィスをお使いになるうちにプランのユーザー上限がいっぱいになってしまった時には、プラン変更はクリック一つ、または電話一つで可能ですので、その時はぜひお気軽にご連絡ください!